和光デー

2019年度和光デーが開催されました

Web担当UR 全校, 親和会 タグ: , ,

本校が積極的に取り組んでいる、私学助成運動の推進のために9月21日和光デーが開催されました。

この会は毎年実施されているもので、和光幼稚園、小学校、鶴川幼稚園、鶴川小学校、中学校、高等学校すべての保護者と教職員が集まりました。

保護者が壇上に上がり、運動の推進を訴えます
保護者が壇上に上がり、運動の推進を訴えます
各園、校ごとに様々な発表が行われました。
各園、校ごとに様々な発表が行われました

和光鶴川幼稚園長・小学校長の加川からは、この私学助成運動のために署名活動の累計が5億筆に迫っているという話がされ、会場は驚きの声で包まれました。

2

さらに、今年度の和光デーではテレビにも出演されている、本田由紀氏が講師として登壇され、『日本社会の変容と私たちの課題』という演題のもと、講演をしていただきました。

5

今年度の署名活動も後半に差し掛かっています。今後も和光学園が進める私学助成運動へのご理解とご協力をお願いいたします。

9月21日(土)は「和光デー」です

ウェブ担当SA お知らせ, 親和会 タグ:

「和光デー」は私学助成運動の意義を共に学び、確認し、励まし合って今年の運動をさらに進めていくための集まりです。奮ってご参加ください。(スワンベーカリーや秋田米の販売もあります。)なお、お車は中高ではなく、学園駐車場にお願いします。

★時間 9:45~12:00

※和光鶴川幼稚園、和光幼稚園の園児は鶴川幼稚園にて、和光鶴川小学校、和光小学校の児童は中高第2体育館で保育となります。

★場所:和光中学高等学校 第1体育館(飲食は禁止です)

★プログラム

・オープニング

・和光鶴川幼稚園のお父さん太鼓

・事務局挨拶

・各団体挨拶

・全体講演  本田 由紀 氏「日本社会の現状と教育の課題」

・和光デーアピール

・閉会の言葉

講演者の本田 由紀さんのご紹介をします。

プロフィール

東京大学大学院教育学研究科教授。1964年生まれ。専門は教育社会学。

主に、家族と教育、教育と仕事、仕事と家族という、異なる社会領域間の関係について調査研究をしています。90年代以降の日本社会では、この3つの関係には矛盾が露わになっています。

たとえば家庭教育に対する圧力や格差の高まり、「学校から職業への移行」の機能不全、仕事の不安定化による家族形成の困難化などです。それらをどう立て直していくか、行政や草の根的な運動がいかに関わってゆくべきかを考えています。

和光デーのお知らせ 記念講演 奥田 知志氏

ウェブ担当YH お知らせ, 行事, 親和会 タグ:

今年も和光デーが開催されます

「和光デー」は、例年、公費助成運動の折り返しとなる9月に開催している集会です。幼稚園から高校までのすべての園・校の保護者や教職員、同窓会員や教職員組合員らが集まり、運動の進捗状況を確認したり情勢を学んだりします。

今年度の記念講演には、北九州の東八幡キリスト教会の牧師であり、ホームレス支援組織である「NPO法人 抱樸」の理事長などを務める奥田 知志さんを講師にお迎えします。ホームレス支援の中からお互いに「助け合える」社会の必要性を痛感された奥田さん。

スクリーンショット 2018-09-19 9.19.27

昨年度、山口での全国私学夏季研究集会の記念講演『助け・助けられることこそ教育』では、奥田さん自身も子育てに悩んだことがあると語られました。

――「私はあのとき本当に『助けて』と言えて良かったなと、かえすがえす感じています。教育とはなにか、それは人間であるということを大切にすることです」

大好評だった講演を、和光デーでも開催することとなりました。ぜひ多くの皆さんに参加頂きたいと思います。今回の演題は、「『助けて』と言える社会を目指して」です。保護者の方はもちろん、中高生のみなさん、同窓親和会等和光学園の関係者のみなさんも参加できますので、ぜひお集まりください。

◆◇ 今年度の「和光デー」は 9月22日(土)9:50~12:00 です ◇◆

場所は、中高第1体育館です(お越しの際は、うわばきをご持参下さい)

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求