基地問題研究

平和とは 基地問題とは(基地問題研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , ,
91

最終日は、基地問題の原点である「平和とは」を改めて考えました。

佐喜眞美術館では館長が丸木さんの絵の前で、沖縄戦の様子を熱く語ってくれました。

92

平和祈念公園では、平和の礎をみて、資料館に入りました。沖縄戦があったことから現在の基地問題につながっていることを改めて再認識し沖縄を後にしました。

91

アメリカ陸軍基地へ(基地問題研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , ,
70

今日は、いよいよもう一つの基地、沖縄県読谷村にあるアメリカ軍トリイステーションへ行きました。

67

主に基地の役割を知り、アメリカの兵士の方々とランチミーティングをして、考えておいた質問をたくさんしました!

ランチミーティング
ランチミーティング

なぜ兵士になったのかの質問には、父親が兵士で、尊敬していたからとか、アクション映画が好きだからの理由など意外な返答に驚きました。

69
その後、普天間地区で街中を歩いて、地域の方に声をかけて、基地が近くにあることについてや、その是非についてフィールドワークをして、インタビューしました。

感じたことはたくさんあったようです。前日の様子はこちらです。

2つの基地問題を考える(基地問題研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , ,
image2
研究旅行「基地問題研究」は沖縄へ。1日目は那覇空港に隣接している航空自衛隊の基地に行き、話を聞いてきました。戦闘機の音の大きさや、雰囲気など生で見て感じてきました。
 image1
また、普天間基地をに隣接する沖縄国際大学へ行き、米軍ヘリコプターの墜落事故の資料などを見せてもらいました。
image4
2日目はキャンプ・シュワブへ行き、ゲート前で座り込みをしている方たちに、どのような思い出座り込みをしているのか、なぜ反対しているのかなどインタビューしてきました。
image5
その後大浦湾をグラスボートで見学し、「じゅごんの里の会」の皆様と辺野古の基地建設について2時間ディスカッションをして、それぞれが考えを深めていました。
グラスボートで大浦湾の珊瑚を観察
グラスボートで大浦湾の珊瑚を観察
辺野古の海側テントでも話を聞きました
辺野古の海側テントでも話を聞きました

33

34

 解決策はすぐに見つかるものではありませんが、知ること、考えること、他の人の意見を聞くことが大事であることを再確認できたようです。

「ことば」を交わして、じっくり考える(基地問題研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ, 行事 タグ: , ,

沖縄をフィールドに、「基地問題研究」は出会いの旅を続けています。基地の横に住まう生活者に、そして米兵にも出会い、ことばを交わしながらじっくりと自分の頭で考えていきます。

基地1

普天間基地を横にしながら学ぶ沖縄国際大学で学ぶ学生と語り合います。

基地3

すぐ隣が基地。そんな園庭の、校庭の空を気にしながら生活する保育園と小学校の日常に耳を傾けます。
基地5
辺野古にやって来ました。
基地8
基地9
稲嶺前名護市長に、そして座り込みにきているみなさんにも質問をしていきます。「なぜ、あなたはここで座り込みをしているのですか?」 現地の方々からの言葉を受け止めながら、自分なりの考えを深めていきます。

研究旅行に行ってきました!~2017研究旅行③~

ウェブ担当YH 2年生, 学習, 教員ブログ, 行事 タグ: , ,

先日に引き続き、研究旅行第3弾です。

基地問題研究(沖縄県)
朝から嘉手納基地を一望できる道の駅かでなに行き、航空機の騒音を体感しました。
その後、読谷村役場に寄って、かつて沖縄のために立ち上がってきた先人たちの行動力を学びました。
基地研①
基地研①
そして、お待ちかね、ドキドキの基地内に入ります。日本の鳥居がシンボルのトリイ基地です。
トリイ基地や陸軍のことを学習した後は、ビーチ近くのオープンスペースでグループに分かれて米兵さんとランチトークです!
言語はもちろん、英語!
携帯のGoogle翻訳も活用して、自分たちが聞きたかったこと、米軍のこと、基地のこと、沖縄のこと、政治のこと…
1時間ほどじっくりと話をして、実際の米兵さんの意見を生で聞くことでみんなの今までの考えも変わったようでした。
基地研②
基地研②

午後は「生の意見」繋がりで、今度は普天間基地付近の住民に聞き取り調査をしました。

声をかけるのも最初は躊躇していましたが、次第に色々な意見があることや、沖縄のことを勉強してくれてありがとうと感謝されたり、
地元の高校生からは逆に何故勉強してるんですか、と聞かれたり。
バスの中や夜の会議室ではみんなの聞いた声を交流し、さらなる発見もありました。米兵の声、地元住民の声、一緒に調査研究をした仲間の声。
たくさんの「生の声」から多くのことを学んだ一日でした。
基地研③
基地研③
生物研究(栃木県)

足尾銅山の見学

生物研究①
生物研究①

国土交通省の方との足尾の環境保護に関するお話

生物研究②
生物研究②

植樹体験

生物研究③
生物研究③

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求