新聞掲載

卒業生が活躍中!!(メディア掲載)

ウェブ担当SA 卒業生, 教員ブログ タグ:

東京新聞2019年9月3日付の記事の中で、和光高校の卒業生が紹介されました!

ラグビーワールドカップ日本大会を盛り上げる企画において「ラグビーボール形のもなか」の『いるかのたまご』の商品名を考案した班のリーダーを担った山田さんは、和光高校では3年の選択授業でマーケティングを受講していました。

和光でのさまざまな学びを土台に、次の舞台で活躍していることが伝わってきました。東京新聞のウェブ記事はこちらをご覧ください。

本校の「マーケティング」の授業ブログはこちらをご覧ください。

「学べば学ぶほど疑問が広がる体験を」毎日新聞の取材を受けました.

和光高校ウェブ担当 校長ブログ タグ: ,

夏休み中、毎日新聞の吉川記者から取材を受けた内容が、
8月28日の朝刊に「記者ノート」として記事になりました。
吉川記者は平和教育をテーマに沖縄で取材する中で、東京に「実践的なフィールワークに取り組む」学校があるということを知り、
和光高校を訪問したとのことです。

「平和とはこういうもの、と教師が押し付けたり、一方的に話してノートを取らせたりする『平和教育』では、生徒も『注入されている』と気付く。学べば学ぶほど疑問が広がる体験が大切なんです」との私のことばを紹介してくださいました。

記事へのリンク先:https://mainichi.jp/articles/20170828/ddm/013/070/010000c

 

後日、吉川記者から取材のお礼と共に、この記事に対して、以下のような感想意見が寄せられましたと、メールがありました。

・「それぞれの立場にそれぞれの『正義』がある。校長先生が言っているように答えは一つではないだけに、
その『正義』をつなぎながら、どんな未来を選んでいくのかを探す授業は社会人になって仕事をする際にも生きると思う」

・「実際に現場に行って見たり、話を聞いたりしなければ分からないこともある。
そうした現場を訪れる機会がある高校生はうらやましい」

・「さすが和光。個性を伸ばすには良い学校とはよく聞きますが、
こうした取り組みをし
ているとは知りませんでした。校長先生も素晴らしいと思います」

このような言葉を頂いて嬉しく思います。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求