版画Ⅱ

木口木版画(鏡張り)制作②(版画Ⅱ)

Web担当UR 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , ,
前回の授業で彫りが終わった生徒は、刷りの作業に入りました。
自分たちで作ったインクをローラーで版木にのせていきます。
1
雁皮紙を置いてバレンで刷っていきます。
2
3
薄い雁皮紙をゆっくりと持ち上げていきます。
4
刷り終わった人は、作品の台紙となる版画紙を水張りします。
来週、これに今日刷った作品を鏡張りしていきます。
5
作品の完成が近づいてきて、生徒も今まで以上に楽しんでいました。

木口木版(鏡張り)制作①(版画Ⅱ)

Web担当UR 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , ,
高校3年の選択授業「C3版画Ⅱ」
1学期は木口木版(鏡張り)制作です。
木口の版面を丁寧に磨き、原画転写をして彫りに入りました。
5
ビュランという特殊な道具を使って彫っていきます。
道具の扱いに慣れない中、繊細な線の表現世界を作り上げるために、皆集中して制作に取り組んでいました。
6
刷る時に使用するインクも生徒の手で作ってもらいます。
ダイヤモンドブラック(顔料)とアマニ油を混ぜてガラス棒を使って練っていきます。
7
力の要る作業なので、一人5分ずつ交代で練っていきます。
次回は試し刷りに入ります。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求