生物

血液はなぜ固まるの?(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

1年生の生物では、3学期は恒常性をテーマに学習を進めています。今日は、血液凝固についてです。

血液凝固は、体内の酵素がはたらいて、血しょう中にフィブリンと呼ばれる繊維状タンパク質がつくられることを実験を通して学んでいきます。

IMG_0851 IMG_0852

血液は冷やした方が固まるのでしょうか?それとも温めた方が?

予想は冷やした方が固まるが多数派。さて、結果は・・。

IMG_0855

「え?試験管から血液が出て来ない!」「すごい!固まってる!」40℃に温めておいた血液はゼリーのように固まっています。予想とは違った結果に驚きながらも、「そうか、酵素か!」

2学期の酵素のはたらきの学習がよみがえり、冷やしてしまうと固まりにくくなることに納得の生徒たち。

IMG_0858

こちらがフィブリン。これらが、血液中の血球を集めて血餅(けっぺい)という塊をつくって破れた血管にフタをします。血餅が乾いたものが「かさぶた」となるのです。

~生徒の感想~

「けがをしたとき、かさぶたが勝手にできて傷がふさがることが当たり前と思っていたけど、細かい仕組みを正しく組み立てていき、トロンビンやフィブリンなど、1つ1つの物質がしっかりそれぞれの役目を行っているために結果的に傷がふさがって治ることに繋がっているのがすごいと思った。」

「実験を行って、血液には様々な物質が集まってできていて、どのような性質があるか、実際に実験してより理解を深めることができた。」

「血小板だけで傷口をふさいでいると思っていたので、傷口をふさぐだけでも、たくさんの工程があってそれが働いているからだと分かった。」

 

顕微鏡で原形質分離を観察しよう!(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

高校1年生は生物を必修で学びます。

IMG_3949

少し前のことですが…この日は、細胞が「生きている証拠」でもある原形質流動を顕微鏡を使って観察した後、植物細胞が脱水して細胞壁から細胞膜で包まれた細胞の中すなわち原形質が離れる現象(原形質分離)を観察しました。

オオカナダモを100倍で観察すると、このように見えます。実際はさらに倍率を大きくして400倍で観察をしました。

IMG_3934 (1)

緑色の部分が葉緑体です。光合成をおこなう場所ということは、中学校で習いますね。写真では、その葉緑体が集まっている様子が分かります。これが、脱水し細胞膜が収縮した証拠となります。細胞膜は目では見えませんが、細胞から水が出てしまったことを実感できます。

印象的だったのは、生徒たちが細胞の並びや葉緑体の色の美しさに目を奪われていたことです。「実際に自分の目で見ることって大事だよなぁ」と改めて実感した日になりました。

IMG_3946

食物はどんな物質でできているの?(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

1年生の「生物」の授業は実験が続きます。

「生物体がどのような物質でできているのか」を考察するための実験に引き続き、今回は「食物はどんな物質でできているのか」を考えていきます。

IMG_1996

下の画像は、高野豆腐。他にもスキムミルクやオレンジジュース、オリーブ油、砂糖に食塩なども加熱して、生物体と同様に「炭になるのか?、水は出るのか?」という視点で予想をしていざ実験!

IMG_1997

「炭になった!」「湯気が出てる!水か!?」

IMG_1998

予想と異なる実験結果になる食物も・・だから実験で確かめるって大事だね!

入学して1カ月が経った1年生。授業中の発言も活発に、そして集中力のある実験の姿に頼もしさを感じました。

生物の体は何でできているの?(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

1年生の必修授業「生物」では、生物の体は何でできているのかを学んでいます。感染症対策を考えながら、観察中心の実験です。

IMG_2004

生物体として、乾燥させたごぼうや椎茸、にぼしを乾留(試験管の中にいれてガスバーナーで加熱)します。

IMG_2012

「黒くなってきた!炭になった!」「試験管に水滴がついた。乾燥したのになぜ?」

「にぼしは臭い!」「アンモニアのにおい?」

実験をすると考えることがたくさんありますね。

IMG_2014

炭になった生物体、さらに酸素を吹き付けると・・「光った!すごい!」「白いのが残った!灰かな・・」

生物体がどんな物質でつくられているのか、考えていきます。実験はやっぱり楽しいね!

実験!ブタの血液の凝固(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

1年必修授業の生物では、「恒常性の維持」の学習に入っています。

IMG_6817

今日は豚の血液の凝固の実験を通して、温度によって血液を凝固させる酵素のはたらきがどう変化するかを確かめました。

IMG_6815

私たちの血液も同じような酵素のはたらきがあるので、「傷口を冷やすと出血は止まらない」ということも実感できたことでしょう。いつもは体内で起こっている現象を自分の目で確かめることができる今日の実験、大いに学ぶことができたようです。

IMG_6812

糖質って全て同じ味なの?(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
IMG_5588
1年生の生物の授業。私たち生物のからだをつくる物質を調べてきている生徒たち。今日はその中の糖質について学びます。糖質といっても種類は様々。ショ糖、ブドウ糖、果糖、麦芽糖、甘さを比べてみると・・
「あっ!違う!」「なにこれ、マズイ!」「え?おいしいよ!」と様々な感想。
「ということは同じ糖質でも性質が違うってこと?」
IMG_5587
IMG_5585
生徒たちは自分たちの舌を頼りにどの糖が一番甘いかを調べながら、その違いの原因を突き止めていきます。

ptr

糖質の性質にはどんな特徴があるのでしょうか・・楽しみだね!

生物のからだをつくる物質ってなに?(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

1年生の生物の授業は、生物体をつくる物質の正体を考えることからスタートしています。生物には植物と動物があるけれど、どちらも同じ物質からつくられているのでしょうか。

加熱して熱分解していくとみえてくる、からだをつくっている物質たち。いざ実験!

rpt

「けむりがすごい!」「このにおいなんだろう?」「黒くなってきたー!」

ptr

実験結果から物質を特定していいながら、植物と動物の共通点や違いを発見していったようです。

雑木林で土壌生物を採集(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

1年生の必修授業「生物」では、2学期、食物連鎖を学んできました。その中で、土壌生物の採取のために和光高校の裏の雑木林に行きました。

10508

ムカデ、ダンゴ虫など様々な土壌生物が取れました。実際に探して観察することで、新たな問いが生まれてきます。「もっと、小さい生物はいないのかなぁ?」

10511

最小の分解者を突き止めることで、土壌中でも起きている食物連鎖を理解していきます。

生物体をつくる物質ってなに?その②(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

前回の授業に引き続いて、生物体をつくる物質にさらに迫っていきます。

今日は、動物が外から取り入れているものに「炭素」、「水」が含まれているかなど予想してから実験スタートです。

授業プリント
授業プリント

ビーフジャーキー、切り干し大根、高野豆腐、ぶどうゼリー、ジュース・・加熱するとどうなるのか・・。「とにかく、やってみよう!」

IMG_1518

高野豆腐が炭になってきた!
高野豆腐が炭になってきた!
切り干し大根
切り干し大根も!

動物の食物は有機物でできていることが見えてきました。

 

生物体をつくる物質ってなに?その①(生物)

ウェブ担当SA 1年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

1年生の必修科目である「生物」の授業、生物体をつくる物質に迫っていきます。

乾燥したヒイラギの葉や、ニボシを乾留(酸素をさえぎって、熱分解すること)して、植物体や動物体が主にどのような元素の化合物からできているのかを調べていきます。

実験スタート!
実験スタート!

試験管に入ったニボシを加熱すると・・・「水が出てきた!」「う~くさい!アンモニアのにおい!」「黒くなってきた!炭になってきたんだ!」

ニボシの変化を観察するといろいろなことが見えてきます。

いくよー!
いくよー!

さらに、酸素を吹きかけると・・「燃えた!」「灰が残ったよ!」

ニボシがこんな姿に・・
ニボシがこんな姿に・・

私たちヒトも生物体。自分たちのことを知ることにもつながっていきそうです。つづく

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求