絵画Ⅰ

研究旅行に行ってきました⑤(絵画Ⅰ)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

絵画の研究旅行テーマは「生き物」。

実際の生き物を目の前に生徒はどう感じ取って描いていくのか、楽しみです。

1(クレイン)

初日は和光高校から徒歩5分のクレイン乗馬クラブに伺って馬のスケッチに取り組みました。気に入った馬を厩舎から出したり、恐る恐る触れたりしながら、一生懸命描きました。性格の違いや、様々な仕草で感情を豊かに表現していることに気づきました。

2(府中市美術館)

府中市美術館にて作品鑑賞。お気に入りの作品を探してじっくりと絵を観ました。

みんなはどうしてその作品に惹かれたの?

絵画の中はどういう世界が広がっていると思う?

企画展示を担当した学芸員さんから描く人、見る人がいて作品が生きて動き出すことを教えていただきました。

3(服部牧場)

神奈川県の山奥、清々しい空気に満たされた服部牧場を背景に、1日かけてそこに暮らす動物を水彩で描きました。牧場の動物たちもこれほど向き合ってくれる人が珍しいようで、近くでモデルになってくれていました。

最後に作品について話し、メンバーから言葉をもらって自分の作品がどう見えるのか興味津々に聴き合いました。

4(クサカベ)

絵具メーカークサカベ工場では私たちが使っている油絵具ができる工程を見学し、自分たちの手で練って油絵具を作りました。色味のツヤ、伸び方は全ての工程にかかっており、それはまさに秘伝のレシピ。絵具はこんなにも緻密な工程を経て私たちの手元にやってくるのですね。

5(ぞうの国)

千葉県「市原ぞうの国」までスケッチのために少し遠出しました。生き物をじっくりと描くことはもちろんですが、触れてみた感触や、仕草で意思疎通した体験や、追いかけられたこと、人と生き物の隔たりがなくなるような素敵な経験になっているといいなと思っています。

6(集合写真)

感染症予防対策をしつつの研究旅行でしたが、天候にも恵まれた和やかな4日間、本当にお疲れ様でした!

水彩で動物たちを描く(絵画Ⅰ)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , ,
56
今日は横浜ズーラシアで動物達を水彩で描きました。
実際に動いている動物を目の当たりにし、観察する中でその躍動感を感じたり、圧倒されたり、迷いながら一人ひとり制作を進めます。
時間を忘れて向き合う
時間を忘れて向き合う
息抜きも必要!「ひゃっほーい!」
息抜きも必要!「ひゃっほーい!」

秋の空気に包まれながら、じっくりと時間をかけて制作できる喜びも感じた生徒たちでした。

前日の様子はこちらです。

自分の絵具づくりに挑戦(絵画Ⅰ)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , , ,
15
「絵画Ⅰ」の研究旅行は武蔵野美術大学で日本画学科の授業を受けるところからスタート。
このフィールドワークのテーマである動物を描く前に、「動いている物を捉える」「自分よりも大きな紙に描く」というテーマで筆と墨汁を使って周囲にいる人を描きました。
14
なんと描く時間をドンドンと短くして4回も描来ました。そうする事で対象物を自分がどう捉えているかが分かり、また大きな紙に大胆に描くことの面白さが見えてきたようです。
16
その後はクサカベ絵の具工房で、絵の具の工場見学と自分で絵の具を作りました。
17
自分たちが使っている絵の具がどんな組み合わせや工程で出来るかを実感した時間でした。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求