A選択

たけがみZOO展に行ってきました(絵画Ⅰ)

Web担当UR 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , ,
町田市民文学館ことばらんどで開催中の「たけがみZOO展」へ行ってきました。
IMG_2149
木版画家でもあり絵本作家でもある竹上妙さんは和光高校の卒業生でもあります。ご本人にも対面し、作品についてお話を聞くことができました。
大学時代に牛に囲まれ目と目が合ったことをきっかけに、「見たら見られた」を大事なテーマとして作品を制作されているそうです。展示されている動物を見ると、見つめ返されることに気が付きます。
未就学児でも楽しめるように作ったという今回の展示、生徒たちもしゃがんで子供たちの目線になってみたりもしました。
IMG_2155
たくさんの作品を見て、それぞれお気に入りの作品を見つけたり、「どうやって描かれているのかな?」とじっくりと見る生徒たちです。
IMG_2152
竹上さんに直接質問もして、楽しく鑑賞することができました。

相模川の河川敷で石斧づくり!?(日本古代史研究)

ウェブ担当SA 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
2年選択授業「日本古代史研究」の生徒は、土曜日に、相模原市・田名向原遺跡に隣接する「旧石器はてな館」を訪れました。
まずは相模川の河川敷で「石斧」を作ります。割れやすい「ホルンフェルス」という石を見つけるところから始めます。
KIMG0173 KIMG0170
この石は、衝撃を加えると石の層に沿ってきれいに割れることから、古来から石器に使用されていました。

KIMG0178

石斧完成!
石斧完成!
硬い石で形を整え、「本格的な」石斧が完成しました。また午後は黒曜石を使って、槍先につける「尖頭器」、矢先につける「矢じり」などを作りました。
1655633434296_1655633434073_1655633432100_KIMG0186
古代の技術の高さに驚くとともに、黒曜石がなぜ相模原に集中したのか、だれがどうやって長野や栃木の黒曜石を運んだのかなど、多くの疑問も残りました。引き続き、授業で考察する予定です。

国際版画美術館へ行って作品鑑賞(版画Ⅰ)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG-4293
国際版画美術館へ「彫刻刀が刻む戦後日本の版画運動」を鑑賞してきました。
2学期の研究旅行で制作する大型木版画の参考になればと思い、作品鑑賞に来ました。
当時の時代背景を確認しながら、当時彫られた版画作品を見ることは生徒に取っても新鮮だったようです。
IMG-4301 IMG-4296
1点、1点丁寧に見ていました。
IMG-4295
好きな作品の前で記念撮影。
IMG-4299
昔の新宿駅西口。
IMG-4300
展示作品の中でもっとも大きな作品です。

海と語らいエッセイを創る(日本文学研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG_7763
6月11日、2年「日本文学研究」では昨年に続き七里ヶ浜へ。まずは秋の研究旅行を意識して、小グループで2ヶ所を目標に歩きます。
IMG_7781
その後はお楽しみの、海と向き合う時間。尾道を舞台とした志賀直哉『清兵衛と瓢箪』をモチーフにエッセイ集を作成しますが、何らかの形で海を絡めなくてはなりません。
IMG_7782
1学期、この後は旅行地調べグループ学習そして文集の交流を。受講生たちは最初の腕の見せどころを迎えます。

オリジナルTシャツづくり(版画Ⅰ)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

2年生の選択授業「版画Ⅰ」では最初の課題として「シルクスクリーン」でプリントし、オリジナルのTシャツを作成します。

IMG-4251

ニス原紙を切り取り、色のつく場所を作ります。

IMG-4250

カメラを向けると変なポーズ。

IMG-4255

アイロンで定着後、持ってきたTシャツに好きな色でプリントします。

IMG-4257

緊張の一瞬・・・・うまく刷れたようです!

IMG-4260

こちらは、色がちょっとはみ出てしまいました。
来週は国際版画美術館へ行って作品鑑賞です。

 

「あした農場さん」との出会い(農と地域)

ウェブ担当SA 2年生, 教員ブログ タグ: , ,
2年生必修選択授業「農と地域」では町田で就農した「あした農場さん」にお話を聞き、畑作業の体験をしました。
KIMG3373
広告会社での仕事を辞め、
縁あって町田で就農した渡辺さんの話は、
みんな集中して聞きました。
野菜を買ってくれる方との信頼関係の話もありました。
KIMG3381 KIMG3388
農作業は、草刈りをしました。
最後には刈った草をあした農場で飼っている羊にあげました。
KIMG3380
短い時間でしたが濃密なひと時でした。

お互いを知り合おう!(日本文学研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
曜日の巡り合わせで、まだ2回目の授業のA選択講座。「日本文学研究」では、恒例の交流会を。
IMG_7632
事前に配られた自己紹介冊子などを元に、他の24名と言葉を交わす交流の機会です。6クラスから集まる受講生、秋にはこのメンバーで研究旅行に。まずはお互いを知り、講座としてまとまります。
IMG_7628
ひと組は数分で。換気などの配慮は十分に、さぁ次は誰と話しましょう?!「よろしくお願いします!」
IMG_7633

三鷹文学散歩へ(日本文学研究)

Web担当UR 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , , ,

2年A選択「日本文学研究」では、14年連続となる、太宰治の足跡を巡る三鷹文学散歩へ。
1
例年お世話になるみたか観光ガイド協会の皆様に代わり、かつて自らも受講生であった、2人の卒業生がガイド役として参加してくれました。後方にあるのは有名な三鷹駅跨線橋です。

3グループに分かれ、順に歩きます。この班は禅林寺にある太宰のお墓参りを。
2
この後はいつものようにエッセイ集「君は太宰をミタカ(見たか・三鷹)?」を執筆。2学期最後の授業で配布、読み合います。文学作品に触れつつ、互いの作品を共有して文章力の向上にも努めます。

3

My埴輪(はにわ)をつくります!(日本古代史研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,
2年選択授業「日本古代史研究」では、「埴輪づくり」に挑戦しました。先週上野にある国立博物館を見学し、本物の埴輪を詳細に観察してきたので、それも参考にしながら作りました。
IMG_6083 (1)
完成した埴輪は、乾燥させたあと窯で焼く予定です。焼き上がりが楽しみです。

終わらない戦争 ~毎日新聞 栗原記者講演~(戦争と史跡)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: ,

A選択の「戦争と史跡」では、毎日新聞の記者派遣制度を利用して「出前授業」が行われました。

お話頂いたのは、栗原俊雄記者。

戦争と史跡1

「8月にはメディアで戦争のことがたくさん取り上げられる」というところからお話が始まり、これには一つの型があるとのこと。「体験者の語りがあり、戦争は悲惨でだから繰り返してはいけない、という展開をたどるものが多い。でも、それでは『戦争は昔の話、終わったこと』という印象を残してしまうのではないか」という問題提起。

戦争と史跡2

その後、具体的に、戦争孤児の戦後、空襲被害者が今も補償を求めているということ、戦争で亡くなった方の遺骨の収容が未だ終わっていないことなどをお話しくださり、21世紀になってもまさに「戦争は終わっていない」。過去の問題ではないのだ、ということを学びました。最後には、質疑応答も行われて、充実した時間を過ごせました。

 

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求