A選択

研究旅行に行ってきました⑦(農と地域)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
_IMG2896

初日、東日本大震災から9年半、仙台市東部の荒浜へ入りました。もともと人が住んでいた場所は震災遺構となっています。家の基礎だけがひっそりと残っています。そこで活動をしている貴田さんの話を聞きました。

P1090647

荒浜小学校は避難場所となって、多くの人が避難した場所です。2階の高さまで津波が襲ったそうです。ここも震災遺構となっていて、多くの人が見学に訪れます。当日の避難の状況や思いを聞きました。 津波前の再現ジオラマには貴田さんの家もありました。

P1090619

2,3日目は鳴子の米プロジェクトの農家さんのところで農作業です。稲刈り、杭掛け、杭返し、杭抜き、藁運び、大根洗い、もみ運び、脱穀、電柵片付けetc…農家の仕事は様々です。いろいろな経験をしました。軽トラだけでなく、運搬車に乗るグループも。

P1090783 P1090878

最終日はNPO法人しんりんで枝打ち作業をしました。森がすっかり明るくなりました。

P1100076

4日間を通じて地域と人のつながり、作り手と消費する側の関係、自然と人、いろいろなことを考えることができました。

研究旅行に行ってきました⑥(戦争と史跡)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,

「戦争と史跡」は、被爆都市長崎を訪れ、長崎をめぐる様々な歴史を学びます。最初に原爆資料館。いつもなら修学旅行生であふれていますが、今年はゆっくりと見ることができました。

原爆資料館
原爆資料館

その後、爆心地をフィールドワークします。

爆心地
爆心地

2日目は世界遺産、軍艦島に行きますが、この島には知られていないことがたくさんあります。

軍艦島
軍艦島を臨む

最終日に行ったトンネル工場です。中には、真珠湾攻撃に使われた魚雷が展示されています。

トンネル工場

現場に立たないと分からないことがたくさん学べた4日間でした。

埴輪(ハニワ)づくりに挑戦!(日本古代史研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG_0842
2年選択授業「日本古代史研究」では、先週学んだ「埴輪」を実際に作成してみることにしました。
KIMG0056 (1) KIMG0057 (1)
KIMG0058 (1)
土器と同じように「輪積み」というやり方で形を作っていきます。生徒たちは人物埴輪や動物埴輪に挑戦しています。特に動物埴輪は作るのが難しく、苦戦しながらも丁寧に作業をしていました。
IMG_0843
来週は上野にある東京国立博物館に行き、本物の埴輪を見学する予定です。

研究旅行に行ってきました④(生物研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
「生物研究」では3泊4日で日光市を訪れ、前半の2日間は大型草食獣による食害の実態と、それらの動物の保護管理について学びまし
 た。夜間観察では1時間に50頭以上のシカを見ました。写真は数mの距離で撮影しました。
シカ
森林内の水たまりはシカやイノシシがぬた場として利用します。体に泥をなすりつけてダニなどの虫をとります。シカの毛がありました。
生物研究
日光市ではサルが土産店の土産を盗んだり、観光客の土産を奪ったりする被害が頻発しているため、サルの餌付けを禁止する条例が制定さ
れて20年ほど経ちますが被害は減りません。写真は被害状況のインタビュー調査をしているところです。
インタビュー
研究旅行の後半は足尾銅山の煙害によってはげ山になった場所に緑を復活させる取り組みについて学びました。写真は土砂災害を防ぐため
の方法を国土交通省の方に解説してもらっているところです。背後の山が森林に覆われて元通りになるまでにはまだ五百年かかります。
山
山腹の土砂を食い止める工事を終えた場所にひとり4本ずつ植樹をしました。急な山道を苗木と土と水をもって登るのは大変です。
植樹
最後に全員で記念撮影
最後に全員で記念撮影

研究旅行に行ってきました③(版画Ⅰ)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,

紅葉が始まった札幌「芸術の森」にて、木版画制作(裏彩色技法)を行いました。

版画①

学校で制作した原画を版木に転写し彫っていきます。

版画②

彫り終わったら墨で摺っていきます。どのように絵が出るのか楽しみです。

版画③

墨が乾いたら裏から彩色していきます。

版画④

彩色が終わると完成です。表から見るとどうなっているのか・・・

版画⑤

うまくいったようです。
全員作品を完成させ、「芸術の森」施設内美術館で「ムーミン展」を観覧しました。
最終日は北海道立近代美術館で「神田 日勝 展」を観覧し、市内観光をしました。

研究旅行に行ってきました②(日本文学研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
2年A選択「日本文学研究」では10月13日より3泊4日の研究旅行を、十分な対策を施しつつ実施しました。
まずは金沢・兼六園。現地短大生ガイドの方々から案内を受けます。さらに泉鏡花記念館などへ。
日文研①
日文研②
2日目は京都へ。鷗外『高瀬舟』梶井『檸檬』ゆかりの地を全員で訪れた後、北野天満宮へ。この後は班活動です。許された範囲内の交流が深まります。
日文研③
3日目は志賀直哉『城の崎にて』の世界へ。最終日には彼の宿泊した宿の10代目ご主人より、歴史的なお話をうかがいます。
日文研④
日文研⑤
この後受講生は皆、研究旅行2種エッセイ集執筆を。言わば「第2の旅行」へと旅立つことになります。

研究旅行に行ってきました①(日本古代史研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
IMG_2107
2年A選択授業「日本古代史研究」では、研究旅行で、奈良・大阪・京都を訪れました。2日目は奈良県明日香村で遺跡巡りを行いました。秋晴れの下、サイクリングで石舞台古墳などを見学し、飛鳥時代の技術力の高さや大王家と蘇我氏の関係などについて考察しました。
IMG_2105
3日目は(公財)大阪府文化財センターのご協力も得ながら、考古学について学びました。実際に発掘された遺物を見たり触ったりしながら、遺物からわかることを考えたり、歴史的な事実を明らかにすることの大変さを実感しました。写真は保存処理を行った木製品を手にしているところです。
IMG_2146
4日間とも天候に恵まれ、現地で多くのことを学びました。写経体験や鏡の鋳造体験、夜はレポート作成などもありましたが、中身の濃い研究旅行になりました。
IMG_2090

町田国際版画美術館へ(版画Ⅰ)

ウェブ担当YH 2年生, 学習 タグ: , ,

孔版(シルクスクリーン)、凹版(銅版画)の作品作りが終わり、次はいよいよ凸版(木版画、裏彩色)を制作します。その前に木版画の歴史と本物の西洋版画作品を見るため町田国際版画美術館へやってきました。

コロナ予防の中、お互いの距離をとりながらも作品との距離は密接しながら一生懸命作品世界を覗いていました。

再来週から札幌(3拍4日の研究旅行)にて、大型木版画制作を行います。
どのような作品が出来上がるのか今から楽しみです。

今日の鑑賞が参考になってくれるといいのですが・・・・

東京大空襲を学びに(戦争と史跡)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,

7月4日、2年生のA選択「戦争と史跡」では、江東区北砂にある「東京大空襲戦災資料センター」を訪問しました。この資料館は、この6月20日にリニューアルオープンしたばかりです。

映像

お互いに十分な距離をとり、資料映像をみます。

お話

その後、大空襲の体験者であった二瓶治代さんのお話しを聞きます。逃げている最中はある地点まで、熱いと感じなかったそうです。その後、炎の中を逃げる中、父親とはぐれてしまい、その後倒れてしまうと、次から次に自分の上に人が乗っかってくる。やがて気を失ってしまいます。その後、ある人に腕をつかまれ意識を取り戻すのですが、二瓶さんが「お父さんなの?」と叫んでも、答えがない。しかし、やはり助けてくれたのは、お父さんだったそうです。足元を見ると、自分たちの上に覆いかぶさっていた人たちが炭のように黒こげになっていた。「私は焼き殺された多くの人に守られて命をいただいた」という言葉は本当に重いものがあります。

その後、館内を自由に見学しました。

館内

生徒たちは、東京大空襲について学んだことを歴史新聞形式で報告します。フィールドワークをもとに、どう自分が表現していくか、取り組んでいくことになります。

東京都埋蔵文化財センターへ(日本古代史研究)

ウェブ担当SA 2年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
7月7日、2年生の選択授業「日本古代史研究」は、多摩センターにある「東京都埋蔵文化財センター」へのフィールドワークを実施しました。25名の生徒が参加しました。
この授業では、学校再開後の初めてのフィールドワークで、生徒たちも嬉しそうです。
200707_1459
お互いに十分な距離をとりマスク着用のなかでしたが、発掘調査にも関わった職員の方から、縄文時代の特徴や考古学の調査・分析によってわかったことなどについて、お話を伺いました。実際に発掘された土器などを観察し、当時の人の技術の高さに驚いていました。また見学したことで、新たな発見や疑問が生じた生徒もいたようです。
他にも縄文庭園の見学などを、少人数のグループ単位に分かれて行いました。コロナ禍のなかですが、感染症対策を充分に行いながら、学びを深めるための活動を今後も行っていく予定です。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求