1学年の生活

1年の生活

3年間共に過ごす仲間との最初の1年。ホームルームづくりを大切にしています。

1年生の授業はクラス単位が基本です。入学早々の体育祭。秋の大イベント和光祭。そのほかの行事も目白押し。各クラスにはクラス運営組織がつくられ、行事や生活について話し合いを重ねます。クラスの仲間といっしょに高校生活の土台をつくりあげていく1年間です。

生徒の言葉

1年の紹介:長井薫平さん

和光の学習

私は和光の型にはまらない授業に魅力を感じています。和光高校の授業では、教科書以外の内容も数多く扱われます。先生が提示した問いに対して、みんなで協力し、話し合い、答えを導き出すというのが和光ならではの「自分たちで考える」学習です。固定概念に縛られず、生徒一人一人のレベルに合わせた自由度の高い授業内容なので、早いうちから発展的な分野を学ぶことも可能です。分からないところがあれば、友達や先生が親身になって教えてくれます。このようなことが出来るのも和光ならではです。
学習といっても、もちろん勉強をするだけではありません。文化祭や体育祭のようなイベントを通して学ぶものもたくさんあります。文化祭では、クラス企画をやるだけでも一苦労です。何をやりたいかクラス全体で話し合い、各々の役割を決め、企画書を提出し、生徒会の承認を得られるまで書き直し続けます。文章で書くと簡単そうに見えてしまいますが、この作業がものすごく大変です。クラスメイトと毎日残り、企画を練り直し、やっとの思いで完成させた企画書が通った時は、とても達成感がありました。仲間との意見交換を重ねていく上で、話を自分なりに分かりやすく説明しようということを無意識のうちに考え、実践するプレゼン力が身につくのも和光ならではの学びです。
将来、何になりたいのか、その目標に近づくためには何を学べば良いのか、自分で自分の道を選ぶことが出来る和光の学びは、人生をより豊かにする良いキッカケになると私は思っています。

 

生徒の言葉

1年の紹介:柳町 凛さん

学校生活について

和光高校には、選択授業や自治活動、放課後の時間の使い方など、自分は何がしたいのかと考える機会がたくさんあります。そして、規制も厳しくなく自由な生活を送ることが出来るからこそ、どう行動するのかがとても重要になってくると感じています。放課後の時間も部活や勉強、アルバイトなど自由で、私は部活動をしています。和光高校は上下関係も厳しくないので、部活でもみんな仲が良くとても楽しく活動ができていて、そういう部分でも和光らしい自由さを感じています。
また、授業では自分自身の考え方や感じ方を問われることが多いのですが、その度に自分の気持ちや考えと向き合い、どんな言葉を選べば伝わるのかと考えます。それはとても大変で、妥協して適当に終わらせたくなってしまう時もあるのですが、そういう時にもどう行動するのかがこれから成長していく上でとても重要になってくるのだと思っています。
和光高校では、無理に強制されることがないので、それは楽なように感じますが、自分から行動しなければ何も起こらないということでもあるのだと実感しています。そして、自分の行動には自分で責任を持たなければいけないということでもあります。ですが、迷ってしまっても相談すれば親身になって寄り添ってくれる先生や友達がいます。自分から積極的に動けば、本当にたくさんのことができて、学べるのだと和光高校で思うようになりました。そんな自由な高校生活で自分をコントロールする力や自分から動く積極性を身につけてたくさんのことを学び、そして、得ていきたいと思っています。

 

 

1年生の時間割の例

1年の時間割

※コロナ感染対策のため時程変更して行っています。

 

1年生の必修授業

1年生の選択講座

1年生には必修選択講座として芸術選択1枠が設けられています。次の4講座から選択をします。

芸術選択
美術 書道 ドラマ 音楽

動画

1年生 根場クラス合宿(7月):
1年生は1学期末に1泊2日の宿泊行事を実施しています。クラスごとに企画を立て、アクティビティを楽しみます。
※コロナ感染対策のため2020年度は中止、2021年度は未定です。