自分たちのデバイスの利用実態を可視化しよう(情報)

サイト管理者 1年生, 学習 タグ: ,
自分たちの情報機器の利用を見直そう

和光高校では、4月の1年情報の学習内容としてデジタルシチズンシップについて取り上げています。この授業では個人デバイスの利用実態アンケートに回答し、グループをつくって自分たちのデバイスとの関わり方・使い方について分析をしました。

アンケートの集計結果から分析をしてみる。
アンケートの集計結果から分析をしてみる。

まず、一人ひとりの生徒がiPadを使い、アンケートフォームに回答をします。集計結果はその場でグラフ化されるので、それをもとにグループで自分たちのデバイスの利用の仕方についてディスカッションをします。

nodeはグルーピングも簡単にできる。
nodeはグルーピングも簡単にできる。

予想通りのもの、意外な結果だったもの、グループ内でお互いに出し合い、自分たちのスマートフォンやインターネットの利用の仕方について、見直す機会となりました。

結果を見ながら、お互いの分析結果を発表しあう。
結果を見ながら、お互いの分析結果を発表しあう。

 

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求