商品開発のイロハを学ぶ(マーケティング)

ウェブ担当SA 3年生, 卒業生, 学習, 教員ブログ タグ:
3年選択授業マーケティングでは、卒業生であり、大学時代に起業した安藤さん(株式会社19)をお招きして、商品開発についてお話を伺いました。安藤さんは視覚障害があるのですが、その経験から「視覚障害者でも健常者でも読みやすく、使いやすいもの」をコンセプトに、「白黒反転手帳」(黒字に白のペンで記入する)を開発しました。
マーケティング安藤君1
実際に商品を手に取って字を書いてみると、思いがけずこちらの方が文字が読みやすいという生徒もいました。生徒たちは発想を転換し、ターゲットを拡大(視覚障害者だけでなく目の不自由なお年寄りにも使いやすいなど)することで、新たな商品が生まれることに驚いていました。
また思いついたことをすぐに商品化につなげた行動力にも、刺激を受けていました。このあと安藤さんから頂いたアドバイスも参考にして、グループごとに「売れる商品」開発を進めていきます。
マーケティング安藤君2

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求