相模川の河川敷で石斧づくり!?(日本古代史研究)

ウェブ担当SA 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,
2年選択授業「日本古代史研究」の生徒は、土曜日に、相模原市・田名向原遺跡に隣接する「旧石器はてな館」を訪れました。
まずは相模川の河川敷で「石斧」を作ります。割れやすい「ホルンフェルス」という石を見つけるところから始めます。
KIMG0173 KIMG0170
この石は、衝撃を加えると石の層に沿ってきれいに割れることから、古来から石器に使用されていました。

KIMG0178

石斧完成!
石斧完成!
硬い石で形を整え、「本格的な」石斧が完成しました。また午後は黒曜石を使って、槍先につける「尖頭器」、矢先につける「矢じり」などを作りました。
1655633434296_1655633434073_1655633432100_KIMG0186
古代の技術の高さに驚くとともに、黒曜石がなぜ相模原に集中したのか、だれがどうやって長野や栃木の黒曜石を運んだのかなど、多くの疑問も残りました。引き続き、授業で考察する予定です。

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求