いざ、霞ヶ関!(現代社会)

ウェブ担当KH 3年生, 学習, 教員ブログ タグ: , ,

1学期の高3必修「現代社会」の授業では、日本の統治機構を扱います。期末テストの終わった翌日、授業のない追試日を使って、有志14名と霞ヶ関へ。
まずは久しぶりの国会議事堂です。東京周辺を地元とする多くの生徒にとっては小6の社会科見学以来のこと。ちょうど参院選がはじまったタイミングで、いつもより人の少ない国会議事堂の中をゆっくりと、地元の国会議員さんとともに歩き回ります。

通常の見学ツアーには含まれない、委員会室や議長応接室にも!
20190705_フィールドワーク(2)resize
生徒会の仕組みにたとえながら、ここは(和光の中では)「『(生徒会の)中央委員会』を開く部屋だね」「『(生徒会の)議長団』が議題を整理するところだ」と確認しながら各部屋を進んでいきます。

20190705_フィールドワーク(1)resize
午後は、歩いて10分ほどの東京地方裁判所にも足を伸ばし、「裁判員裁判」の傍聴をしました。少年法に守られながら刑事事件の対象ともなりえる17歳、18歳の生徒たちにとって、
実際の法廷で飛び交うことばやそこに流れる空気はとても刺激的だったようです。「人が人を裁く」とはいかなる営みなのか ―― 「じゃあ、議論の続きはまた教室でね!」 フィールドワークで出会った人、そこで得た経験が、「次」の授業につながっていきます。
※本記事の担当教員の赤城はオープンスクールで「人が人を裁くということ」の授業を担当します。受験生のみなさんはぜひ参加してみてくださいね!

和光高等学校の入学案内の資料一式を無料で送付しています。

資料請求