和光大学のご紹介

和光大学

自由な研究と学習の共同体

知的冒険大学

和光大学は学問探究だけでなく、教育の面でも先駆的な内容を持つ大学です。 学生が自分自身で見つけた研究テーマに多面的にアプローチできるように、他学部・ 他学科の科目も含めて授業科目をできるだけ自由に選択できるカリキュラムを用意しています。この選択の自由は、自己の責任において自分の道を選択するという、人生において大切な目や姿勢を養う場としても存在するのです。

 

内部推薦で和光大学へ

毎年、40名前後の和光生が内部推薦試験で和光大学に進学しています。3年間 の成績(評定平均)条件など、一定の条件を満たしていることが必要ですが、日頃からきちんと学習していれば十分にクリアできます。 受験勉強中心の高校生活ではなく、生徒会行事やクラブ活動など、いろいろな活動を通して自分を磨くことが和光大学進学につながります。

 

和光高校で和光大学を体験するチャンス

和光高校では1・2年生で「和光大学体験授業」を受ける機会があります。3年生では大学で「和光大 ガイダンス」「オープンキャンパス」に参加することができます。 また3年生は特別聴講生として和光大学の授業に出席し、大学で修得した単位を高校 での卒業単位に加えることができます。 3年生で大学の授業に参加した先輩たちは 「大学生にまざってディベートしたりワークショップに参加したり、大学らしい自由 な雰囲気がよくわかって、進路選択にとても役立った」と話しています。

先輩からの言葉

卒業生:土佐うさ子さん

和光大学現代人間学部
土佐うさ子さん
2018年卒業

 私は、保育の仕事について興味を持ち、和光高校で「保育教育」という選択授業をとりました。その授業は「子供の世界を知る」というのがテーマでした。その授業で、私は、子供に大人の価値観を一方的に押し付けるのではなく、子供の目線に立って子供と接することで、子供は幸せに育つということを学びました。また、子供とどう関わって行けば良いのかというのは、追求していけばいくほどとても奥深く、考え甲斐のあるものだということも感じさせられました。
そこで、保育についてもっと学びたいと思い、私は和光大学の保育コースへ入りました。和光大学の授業は、虐待・子供の貧困・不登校・性差別など、子供に関わる世間の問題についても直面するので、大人が子供にできることは何だろうと考えさせられることばかりです。学べば学ぶほど、子供に起きている問題を何とか解決したい、または自分の力で子供を幸せに育てたいという思いが私は強まりました。そのように、保育に携わる仕事をしたいという自分の意思をもたせてくれる和光大学での授業で学んだことは、将来その仕事に就き辛いことがあったときの励みになると感じています。私は、和光大学の授業で学んだことを将来も忘れないようにと、自主的に授業で深く心に残ったことをメモするノートを作っていました。そのノートは今一冊に埋め尽くされるほど文字でいっぱいになっています。それほど、和光大学の授業は受け甲斐のあるものなのだと思います。

進路状況