コンピュータ室

コンピュータ室にはひとり1台のiMacが用意されています。大きく明るいディスプレイと快適な操作環境で、じっくりと学習課題に取り組むことができます。高校1年生で実施される「情報」の授業での利用を中心に、様々な授業で活用されています。

中学1年技術

コンピュータの基本的な操作から学びます

現代の子どもたちは、普段から、ゲーム機や音楽プレイヤー、ケータイといったテクノロジーを使うことに慣れています。iMacは彼らにとっては魅力あるコンピュータとして存在しています。大きく明るい画面とわかりやすいインターフェイスで知らず知らずに作業に集中していきます。

高校1年情報

学習にテクノロジーを活かすための基本を習得

週2時間の情報の授業では、高校3年間の学習活動にテクノロジーを活かすためのコンピュータの基本操作の習得やインターネットの効果的な利用のための学習を進めています。それぞれの生徒は自分のメールアカウントを開設し、文書作成ソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトの基本を学びます。

動画を見る

音づくりから始める演劇

行事でも活躍する表現ツール

クラスがひとつになって劇をつくり発表する中学の演劇祭。生徒たちの創造性を発揮するツールとしてGarage Bandが使われています。何度も何度も試行錯誤を繰り返しながら、自分たちの納得する効果音をつくり上げていきます。

さまざまな目的で集まる放課後

個人の興味関心を一層深めるひととき

放課後のコンピュータに来る生徒たちの目的はさまざま。〆切が迫っている課題に集中して取り組む生徒。自分の趣味のウェブページを見に来る生徒。また、ペンタブレットでイラストを描く生徒や3Dモデルを制作する生徒。作業に集中できる環境が生徒たちのお気にい入りの空間です。

動画を見る

Copyright 2015 WAKO-Gakuen. All rights reserved.