マルチメディア室

ホワイトとブルーを基調とした明るい空間を提供しています。壁面にそってコの字に配置された長机と中央部にある4つの丸テーブルが特徴の教室です。ハーフサイズでおこなわれる高校選択授業で利用されることが多いですが、1クラスが入って授業をすることもできます。授業のスタイルに応じて、講義型、グループワーク、会議形態といろいろなレイアウトに変更可能な多機能教室です。

講義型での利用

さまざまな授業スタイルに応じて机の配置を変更

電子黒板へと先生がスライドを表示し説明をしていく講義型では、中央の丸テーブルを半円にわけ、前の方を向く形で配置します。

ケーブルから開放されたMacBook Air

ケーブルが這い回らないスッキリとした空間

利用するMacBook Airは無線LANによるネットワークアクセス。ログインをすればすぐにインターネットにアクセスできます。また、長時間のバッテリー駆動時間で電源ケーブルも不要。机の上はスッキリとして、いつでも席の移動が可能です。 フリーアドレスで

プレゼンテーションもワイヤレスで

Apple TVを使ってiPadの画面を電子黒板に投影する

選択情報の授業では、iPad上で動く電子書籍を作成。それぞれに自分の作った電子書籍のプレゼンテーションをしました。Apple TVにつなげば、ボタンひとつでiPadの画面を、一瞬で電子黒板に投影できます。入れ替えの時間をスピーディーに行い、発表者が多い時でもだれません。

動画を見る

生徒活動の会議スペースとして

体育祭や文化祭の実行委員会の会議場所としても活躍する多目的教室

和光高校では、生徒が主体となって体育祭や文化祭といった行事を企画・運営をしています。実行委員会はそれぞれが作成した提案文書をGoogleドライブで共有し、電子黒板に投影しながら、その場で議論をしながら、修正を加えていきます。無駄な紙の印刷も大幅に減らすことができました。
また、マルチメディア室のテーブルを自分たちで会議参加メンバーの数に応じて配置換えをするなど、会議の規模に応じたレイアウトをしています。

Copyright 2015 WAKO-Gakuen. All rights reserved.